「’15/16The day New ALL DAY」Impressions from Québec CA

New snowmoto out of boxIce bar今日はカナダのケベックに住むスノーモトライダーAnthonyから届いたNew ALL DAYのリポートをご紹介します。

 

TMW SNOWMOTO XTREME上に私のまさしく準備インプレッションは、ここにあります。
私は7年前にウッドコアボードの古いS28(またA28)スノーモトに乗っていました。そして、私は時々JYKKのスノースクートを試しました。
まずXTREMEのフレームは軽く剛性があり、他のスノーモトと同じお馴染みのライディングポジションです。
そして、「15/16’The Day New ALL DAY」ボードは、私が使い慣れていたものより大きいものでしたが、それに慣れるには、一、二回乗るだけで十分でした。
堅い圧縮された雪や手入れされたピステンバーンでは、カービングの間左右に移行するためより傾倒して乗ります。私はこれらの条件で、幅の広いリアボードが本当に好みです。それは特に凍った表面の上で決定的なブレーキとコントロール性を提供します。フロントボードの長さはサイドカットの始めでフロントエンドを突き、私をも完璧にシャープなターンを可能にさせます。ボードフレックスは、ハイスピードライディングのために十分な堅さと、でこぼこの表面上の快適さの間で、よいバランスだと思います。このボードの大きな違いは深雪にあります。私は深(新)雪の中で、浮力がどれくらいかを思い知らせました。深さわずか3-4インチ(10cm)でもあまり多く失速することなくカービングすることを可能とし、私をより早く走らせ、浮かせていたという事実です。
軽さに加え適正なライディングポジションとリアボードフレックスが備わったXTREMEは、本当にフロントエンドから持ち上げ易く作られています。私は雪のこぶを通ってバイクを押して引いてドロップすることを触発されました。
ここは不十分なパウダースノーのため、私の検索において、私はダブルブラックダイヤモンド(滑走禁止のツリーラン)の小道をムチ打って辿らなければなりませんでした。ここまで幅の広いリアボードによる唯一の欠点は、岩と木のまわりで堅いターンがせめぎ合っています。しかしこれが、私がまだ信じられないほど早く滑ることを知っている事実によることかもしれません。
私はこれまで大きなジャンプやスノーパークでXTREMEを試していません。もし何かうまくいかないならば、私の美しく新しいマシンと私の体のために、より寛大なグランドがある場所で新雪を待っています。
これまでにあなたが提供したサービスを与えられることは私の喜びです。

Hi sai sports,

Here are my very preliminary impressions on the TMW Snowmoto Xtreme. Bare in mind that I have been riding classic S28 (or A28) snowmotos with with wood core boards for 7 years and I have tried snowscoot like Jykk occasionally.
First, the Xtreme frame is light and stiff and has a familiar riding position as other snowmotos.
The Day new all day boards are allot lager than what I was used to but it only took one or two runs to get used to them. It takes more commitment to transition from one side to the other while carving on groomed or hard packed snow. I really love the extended rear board in these conditions, it provides more decisive braking and control especially over icy surfaces. The front board’s length also allows me to dig the front end at the beginning of the side cut and execute sharp turns flawlessly. The flex in the boards seems to be a good balance between comfort on uneven surfaces and sufficient rigidity for high speed riding.

The major difference with these boards is in deep/powder snow. I was blown away on how much buoyancy I had in fresh powder. The fact that I was floating only 3-4 inches (10 cm) deep made me go faster and allowed me to carve without slowing down too much. The combined light weight, riding position and rear board flex make the Xtreme really easy to lift from the font end; I was inspired to do drops, and push and pump the bike through moguls.

In my search for the scarce powder snow, I had to follow the unbeaten path down double black diamond tree runs (also known as glades). The only drawback so far with the extended rear board is negotiating tight turns around rocks and trees. However this might be due to the fact that I am still getting acquainted with an incredibly fast sled.

I have not tried the Xtreme in the snow park or on large jumps so far. I am waiting for a fresh snow fall to have a more forgiving ground to land on for the sake of my body and of my beautiful new machine if anything goes wrong.
It would be my pleasure given the service you have provided so far.

Best regards,

※リポートは我々の英語和訳能力の範疇をはるかに超えた内容のため、途中意味不明な点が多々あるかもしれませんが、その点はご容赦下さい。

Copyright © 2013 - 2018 by SAI SPORTS All rights reserved.

このページのトップへ